スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - |

体制整備の重要性が増している

友人に使ってみた感想を聞くと、揚げ物なのにヘルシーで、でもサクサクに出来上がるので、心置きなく揚げ物が楽しめる、ということでした。
なぜかというと、パワーマジックフライヤーXLでは揚げ物ができるのに【油が不要】!…なんです
しかも、お肉など食材がもともと油を含んでいる場合は、余分なオイルカット仕様でさらにヘルシーっていうじゃないですか。
マジックフライヤー
もう一つこんな情報も。
第4世代までの通信規格の主要特許に関する部品を使う場合、自 動車1台あたり3〜15ドルをBMWが支払うという内容だ。
アバンシのカシム・アファラヒ最高経営責任者は異業種間交渉は特許の考え方の違いで苦労したと話す。
通信業界では似たような技術の複数の特許についてまとめていくらと交渉するのが主流だが、自動車業界には当初そうした慣習はなく、合意に至るまで何度も話し合ったという。
特許をめぐる争いでは、特許を保有する会社が大量の特許を買い集めたうえで、ユーザー側を相手取って多額の和解金支払いを求めるパテント・トロールと呼ばれる存在が話題の中心だった。
困った米産業界も当局に対応するよう求め、米政府は数年前から米国内に200にも及ぶとされる特許保有会社の乱訴防止策の検討に着手している。
米国の裁判所では通信関 連特許を認める基準を厳しくした判決が多かったこともありパテント・トロールの脅威は去ったといわれる。
代わりに浮上したのが異業種間の特許紛争だ。
利用者がライセンス料を支払わない問題が深刻になっている。
権利者はイノベーションの意欲を失っている。
17年11月、米司法省の反トラスト部門トップ、デルラヒム司法次官補の講演が知財関係者の間で話題を呼んだ。
特許権者側に寛容な姿勢を示しており、新たな訴訟が今後勢いづく予兆とみる向きもある。
今回の指針を活用しても、強力な米ローファームとタッグを組んだ特許権者のチームに攻め込まれれば、日本企業の苦戦は必至だ。
そもそも日本では大企業でさえ知財担当の上級役員を置くところが少なく、備えが弱い。
専門人材の活用や弁護士事務所との連携など、体制整備の重要性が増している。

 

 

19c2b68hideno | - | 15:55 | comments(0) | - |

再び政府機関閉鎖のリスクが出てくる

トランプ氏本人も12日私はそんな言葉を使っていないとツイッターで発言を否定した。
しかし米NBCニュースによると、トランプ氏は報道後、友人らに電話で肥だめ発言の反応を尋ねていたという。
発言で取り沙汰された各国は一斉に反発。
アフリカ連合は12日の声明で発言の撤回と世界中のアフリカ人への謝罪を要求。
ハイチ政府もハイチ移民への人種差別的な見方を反映していると抗議した。
ハイチはアフリカから強制的に連れてこられた黒人奴隷らが1804年に宗主国フランスから独立した世界初の黒人共和国で、現在も人口の9割超が黒人だ。
エルサルバドルは侵略したスペイン人と先住民との混血が大半を占める。< br>発言は特定の人種を名指ししたものではなかったが、国民のほとんどが白人である北欧のノルウェーから移民を増やすべきだとトランプ氏が主張したことも批判に拍車をかけた。
全米黒人地位向上協会は大統領は白人至上主義という醜い過去に米国を引き戻そうとしていると非難した。
トランプ氏は自身の支持層の一部でもある白人至上主義者を擁護する発言でたびたび物議を醸している。
移民政策などの与野党協議で民主党が反発する可能性もある。
米議会が2017年12月に可決した期間約1カ月のつなぎ予算は1月19日に期限切れとなる。
それまでに与野党が折り合えなければ、再び政府機関閉鎖のリスクが出てくる。
今回の問題発言は、ただでさえ厳しい与野党の対立にさらに波風を立てる形に なっている。
それでも、これまで数々の問題発言を繰り返してきたトランプ氏が問題発言を控える兆しはない。
トランプ氏は2017年8月の南部バージニア州の衝突事件では女性を殺害した白人至上主義者側を擁護。
あと「エクスレンダーの効果」に関することも。
加圧トレーニング効果によって体のバランスを支える体幹が鍛えられると、脂肪を燃焼させる基礎代謝が向上します。
お腹周りがぷよぷよするのは、たくさんの皮下脂肪が付いてしまったからです。
エクスレンダーは体幹を刺激して基礎代謝に働きかけることで、効果的にお腹周りの脂肪を落としていきます。
同時に、体幹が鍛えられることで体の左右のバランスが良くなるので、姿勢も良くなって一石二鳥の効果が得られますよ。
エクスレンダー効果

 

19c2b68hideno | - | 11:32 | comments(0) | - |

民間も巻き込んで円滑な大会輸送を実現できるか

企業や都民には大会期間中に車の利用をなるべく控えるよう呼びかける。
競技会場が集中する臨海部は港湾物流が活 発なため、企業に今後協力を要請する。
道路交通量を減らした上で、選手らの輸送ルートに入ってくる一般車両をコントロールする。選手らの輸送は首都高など高速道路が主軸。
一般車両が入れる料金所のゲート数を減らす案のほか、一部の入り口を閉鎖する策を検討。
東名高速道路など域外から流入する一般車両数を減らす。
観客の主要交通手段となる鉄道は一般客の利用を10%減らす目標を掲げる。
試算によると、大会期間中の鉄道利用者は車に乗るのをやめた人の利用で3%、五輪の観客で6%と計9%増える見通し。
混雑が予想されるエリアや時間帯をあらかじめ知らせ、ピーク時以外の利用などを促す。
主な混雑エリアには新国立競技場に近いJR山手線の原宿駅や東京メトロ銀座線の 外苑前駅、競技会場が集まる臨海部の東京メトロ有楽町線・辰巳駅やJR京葉線・新木場駅を想定している。
混雑エリアの路線では列車を増便したり、観客の入退場時間を分散して混雑を緩和したりする。
こうした交通施策の実施にあたっては民間の協力が欠かせない。
東京商工会議所の企業向けアンケート調査によると、大会輸送が集中するエリアの迂回は8割の企業が対応・検討が可能と回答。
半面、営業時間を変更できないと答えた企業は全体の3割、運輸業では44%にのぼった。
12年のロンドン大会では市民への呼びかけで会場周辺の混雑を緩和した一方、16年のリオデジャネイロ大会は高速道路の渋滞など都市機能のまひが注目を集めた。20年の東京大会は民間も巻き込んで円滑な大会輸送を実現できるか。
さて、内容が移って次の日の土曜日は、また温泉浸かって観光して、そのまま帰路について解散。
いまでこそ、『車中泊専用エアーマット』のおかげで車中泊であっても、とっても快適に過ごせるようになったのですが、以前は、マットが唯一不満な点だったんです。
見た目、結構厚みがあったんで、“いいじゃん!”……なんて思ったのですが、全然ダメ。
車中泊マット

 

JUGEMテーマ:今日の日記

19c2b68hideno | - | 15:09 | comments(0) | - |

16年度までの3年でプレハブ部材の使用量を約2倍に増やした

需要が極端に落ちた鉄冷えから立ち直り、鋼材メーカーは16年後半から値上げに動き始めた。
新日鉄住金はオフィスビルの鉄骨に使うH形鋼の店売りの17年12月契約価格を前月比で1トン3千円引き上げた。
16年秋からの上げ幅は合計で3万円超に達する。
中小工務店向けの鋼材を扱う問屋からは大口需要家のゼネコンを優先し、流通市場の供給が細っているとの不満 も聞こえる。
建築工事や住宅に使う合板も足りない。
都内の薄物の卸価格は過去30年の最高値圏まで上がった。
大手商社からは型枠用の在庫はぎりぎりの状態。
大口の注文が入ればパニックになる水準だとの声が上がる。
日本建設業連合会によると、16年の建設業就業者数は495万人。
最盛期の97年から3割減った。
新規就労者も少なく高齢化も目立つ。
55歳以上が34%を占める一方、29歳以下は11%にとどまる。
建設不況で就労者が減り若手が集まらないと関係者はため息をつく。
企業も対策の手をこまぬいているわけではない。
首都圏で約3割の施工シェアをもつマンション建設大手の長谷工コーポレーション。
山本三里執行役員は現場労働者の確保と品質の両立を目指していると話 す。
工事を省力化するため、同社が進めているのは柱や梁など建築用部材を事前に工場で作り置きするプレハブ式工法。
ブロック状の部材を運び現場で組み立てる。
費用は割高だが型枠や職人の数を減らせる。
従来工法と比べ工期を3割、人員を2割削減できる。
本格的に始めたのは東日本大震災後の復旧工事が重なり職人不足が深刻だった2013年ごろ。
16年度までの3年でプレハブ部材の使用量を約2倍に増やした。
今回のお勧めサイトはコチラです。
■潤いたまご肌【泥練洗顔】で後悔しないための最安値情報!
https://www.clay-wash.com/
『ホワイトクレイ』は、フランスなどの北欧の湖底で採取される泥炭。
別名ホワイトピートとも呼ばれています。
泥炭なのに白い理由は、植物などが数千年にわたって蓄積してできたものだからです。
ホワイトクレイには、植物ステロールやミネラルなどが豊富に含まれており、肌のターンオーバーを正常にしてくれ、美白効果も見込めます。
以上、「泥練洗顔」に関する情報でした。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

19c2b68hideno | - | 12:57 | comments(0) | - |

イノベーションすべてにおいても通じる話だろう

自動車や道路などは安全で豊かな社会を支えるインフラであるためか、何か事故や不具合が発生すると、製造元や監督側の責任が強調される。
その一方で、利用者である個人の責 任はほぼ問われない。
誤解を恐れずにいえば、このような風潮はイノベーションを阻害する。
自動運転車が事故を起こしたら誰の責任か、という点をもっと明確にしなければ、いくら技術が進展しても、公道での自動運転は実現しない。
規制緩和をしようとしても、交通や車両関連の法整備、メーカーと道路管理者と運転者との責任分担、保険や補償問題などの解決に多大な時間がかかるだろう。
その中でも私が懸念しているのが免許制度の問題だ。
前述のように米国では、2012年以降、40州以上が自動運転に関する法律を検討し、17年は33州が法律を導入した。
ネバダ州やカリフォルニア州などでは数年前から、メーカー、行政、利用者などの責任を明確にした免許制度がスタートし試験運転も始まっ ている。
例えば運転する人は運転席に座っているなどの責任を果たす必要があると明示している。
日本でもこうした免許制度の議論を加速すべきだ。
例えば、公共交通機関の撤退が相次ぐ地方を考えてみよう。
限定的な自動運転エリアを設定し、人ではなく事業者に自動運転車免許を交付するといったアイデアはどうだろうか。
責任問題を整理し、実用化にかじを切る大胆な規制緩和を進めなければ、日本がいくら技術を誇っても世界から取り残されていく。
それは自動運転の話に限らず、イノベーションすべてにおいても通じる話だろう。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

19c2b68hideno | - | 12:56 | comments(0) | - |
1/1PAGES | |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--