<< 再び政府機関閉鎖のリスクが出てくる | top |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - |

体制整備の重要性が増している

友人に使ってみた感想を聞くと、揚げ物なのにヘルシーで、でもサクサクに出来上がるので、心置きなく揚げ物が楽しめる、ということでした。
なぜかというと、パワーマジックフライヤーXLでは揚げ物ができるのに【油が不要】!…なんです
しかも、お肉など食材がもともと油を含んでいる場合は、余分なオイルカット仕様でさらにヘルシーっていうじゃないですか。
マジックフライヤー
もう一つこんな情報も。
第4世代までの通信規格の主要特許に関する部品を使う場合、自 動車1台あたり3〜15ドルをBMWが支払うという内容だ。
アバンシのカシム・アファラヒ最高経営責任者は異業種間交渉は特許の考え方の違いで苦労したと話す。
通信業界では似たような技術の複数の特許についてまとめていくらと交渉するのが主流だが、自動車業界には当初そうした慣習はなく、合意に至るまで何度も話し合ったという。
特許をめぐる争いでは、特許を保有する会社が大量の特許を買い集めたうえで、ユーザー側を相手取って多額の和解金支払いを求めるパテント・トロールと呼ばれる存在が話題の中心だった。
困った米産業界も当局に対応するよう求め、米政府は数年前から米国内に200にも及ぶとされる特許保有会社の乱訴防止策の検討に着手している。
米国の裁判所では通信関 連特許を認める基準を厳しくした判決が多かったこともありパテント・トロールの脅威は去ったといわれる。
代わりに浮上したのが異業種間の特許紛争だ。
利用者がライセンス料を支払わない問題が深刻になっている。
権利者はイノベーションの意欲を失っている。
17年11月、米司法省の反トラスト部門トップ、デルラヒム司法次官補の講演が知財関係者の間で話題を呼んだ。
特許権者側に寛容な姿勢を示しており、新たな訴訟が今後勢いづく予兆とみる向きもある。
今回の指針を活用しても、強力な米ローファームとタッグを組んだ特許権者のチームに攻め込まれれば、日本企業の苦戦は必至だ。
そもそも日本では大企業でさえ知財担当の上級役員を置くところが少なく、備えが弱い。
専門人材の活用や弁護士事務所との連携など、体制整備の重要性が増している。

 

 

19c2b68hideno | - | 15:55 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 15:55 | - | - |
Comment










09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--